作品展 5日目

ニルスの不思議な旅
Nils Holgerssons underbara resa genom Sverige
ニルス・ホルゲルソンという少年がトムテ(妖精)によって小人にされ、ガチョウのモルテンやガンの群れと一緒にスウェーデン中を旅する物語。子ども達に自分たちの国の地理をよく理解させるためという意図で書かれたもの。著者のセルマ・ラーゲルレーヴは、女性で初めてノーベル文学賞を受賞。北欧を旅するときの入門書ではないでしょうか?
カルトナージュに出会った北欧、花糸刺繍です。右奥、小さい額がそれ。見えるかな?
c0220749_142956.jpg

◆3月24日(水) 今日のイベント 幸せの言霊(ことだま) 岡本朋美
昔から、言葉は声に出すことで、その働きが実現すると考えられてきました。
大切な自分のお名前が、どんな意味を持っているか、チェック・・・
c0220749_115051.jpg

[PR]
by atelierk8 | 2010-03-25 01:05 | つれづれ
<< 作品展 6日目 作品展 4日目 >>