白露 (はくろ)

二十四節季の一つ。太陽の黄経は165度の時で秋分の15日目に当たる。秋の気配がいよいよ本格的になり草に白い露が宿り始める頃だそうですが、秋の気配が感じられてますか?
市内中心部では湯来にある施設の方々が恒例ススキ配布され、秋を届けてくださいました。
昨年の会議などでは、新型インフルエンザの話題で持ち切りでしたが、今は熱中症ですね。
c0220749_9122373.jpg

故宮、紫禁城の北。明の時代から時を告げてきた鼓楼、鐘楼。
建物内には時を計る水時計や、人々に時を告げていた大きな太鼓が置かれており、「白露」だけが鮮明に残っています。今は時を告げることがなくなった楼閣には多くの観光客が集まる。その楼閣を下りて、脇道に入るとそこには洞口と呼ばれる四合院造りの庶民の古い街並が残っています。

Porte Bonheurから、なぜ二十四節季になったか?
こんな女性になりたい、人生の師ともいうのでしょうか?その先生が二十四節気のことを折に触れ話して下さるので、時間というものを季節とともに意識しようと思っています。金の豚を探していたら、心にひっかかっていた時を告げる大きな太鼓がでてきましたので・・・
[PR]
by atelierk8 | 2010-09-08 09:00 | つれづれ
<< Porte Bonheur (... Porte Bonheur (... >>