中国風祝儀袋 (赤い袋)

旧正月(きゅうしょうがつ)は中国大陸・台灣・韓国・ベトナム・モンゴルでは、最も重要な祝祭日の一つ。日本のお年玉と同様、赤袋を渡す風習があります。赤袋にいれる金額は、HK$20が一般的、HK$50,HK$100もありと、返事がきました!「今年も幸せになれますように」というような幸せ祈願、金額よりも渡したりもらうことに価値があるようです。いつもお世話になっている人への感謝の気持ち、っていう感じですかね?
c0220749_21481162.jpg
(写真:Pacific Place スワイヤーのショッピングモール)
桃の花びらは5弁だけど、八枚の花びらをベースにデザインされた中に桃の木が植えられています。八と三は縁起の良い数字。上の花びらが舞っているようなモニュメントは、金運を呼ぶ縁起物「金魚」 各家庭にある大願成就の幸運のしるし、金柑(キンカン)は、色彩的に地味だから、見かけないのかな?!我が家も植えてあります!

今年は、甲午(きのえうま)の年、夢のあるこの時代を過ごす心構えは下記の通り、
・何事にも積極的に関心を持ち、謙虚に耳を傾けること(好き嫌いをなくす)
・何事も無駄なことはないということを理解する
・プラス思考の言葉を使う。
心にとめてすぐ実行してみよう!
そのとき、その場になりきって余念なければ、そのまま自在の働きが出来よう。
新年の目標をたてていない場合は、2月4日(旧正月)までに仕切り直しをどうぞ!
[PR]
by atelierk8 | 2014-01-28 23:22 | つれづれ
<< 【4 月】 レッスンのご案内 中国の春節・旧正月 >>